クレジットカードで振込はできる?振込したい場合のやり方や注意点を紹介

最終更新日:   公開日:

手元に現金がなく、どうしても振り込まなければならないお金がある場合、クレジットカードでの支払いができるのか気になる方もいるでしょう。ここでは、クレジットカードでの振込の可否や、振込で困った時のクレジットカードの活用方法、注意点についてご紹介します。

そもそもクレジットカードの支払いの仕組みとは?

クレジットカードでの支払いは、簡単に言えばカード会社が購入先に対して一時的に立て替えて支払う方法です。購入先の加盟店でクレジットカード払いを選択すると、その場ではクレジットカード会社が加盟店へ料金を立て替えます。そして、後ほどカード会社が利用者にその費用を請求し、利用者がカード会社へ料金を支払うという仕組みです。

関連リンク:クレジットカード支払いの仕組みと利用方法・注意点など解説

クレジットカードでは振込できない理由

結論から言うと、クレジットカードを用いて振込をすることはできません。なぜなら、日頃のお買い物で利用できるクレジットカードのショッピング枠は、現金化することができないからです。

また、コンビニやスーパーなど、クレジットカードが使えるお店、つまり加盟店は、加盟店側がカード会社に手数料を支払っています。この手数料がカード会社の利益につながります。しかし、振込の場合、加盟店を経由しない関係上、カード会社に利益はなく、メリットがないのです。

クレジットカードを利用して振込をしたい場合

どうしても手元に現金が用意できない場合などは、クレジットカードを間接的に利用して振込することも可能です。具体的に、その方法について見ていきましょう。

キャッシングを利用する

クレジットカードには、日々のお買い物で利用できるショッピング枠と、お金を借りることができるキャッシング枠という機能があります。キャッシング枠については、カード会社によって付帯しているかどうかが異なり、どのくらいの枠があるかは個人によっても変わってきます。

キャッシング枠が付帯しているクレジットカードなら、借りた現金をATMでおろすことができ、そのお金で振込に充てることが可能です。

キャッシングを利用する際の注意点

キャッシングでお金を借りると、借りた額に応じ金利がかかります。当然ながら、借りたお金は必ず返済する必要があり、かかった金利分を上乗せした額を返済することとなるため、借りた額よりも多くのお金を返すこととなります。

また、カード会社によって、ショッピング枠とキャッシング枠が別々に設定される場合と、合算される場合とがあります。合算される場合、ショッピング枠の使いすぎによって希望の額がキャッシングできなかったり、その逆も生じる可能性があるため注意が必要です。

送金サービスを利用する

クレジットカードの送金サービスとは、クレジットカードで送金用の電子マネーを購入し、相手方の口座に振込ができるサービスのことを指します。送金サービスを行っているかどうかは、カード会社により異なり、利用条件にも細かな制限があるため、必ずしもクレジットカードの保有者すべてが利用できるわけではありませんが、時間を気にせず送金できる点はメリットでしょう。

送金サービスを利用する際の注意点

送金サービスを行っているクレジットカード会社でも、利用条件を満たさなければ送金サービスは利用できません。また、送金サービスはキャッシング利用時の金利よりも高い手数料が設定されていることも多く、必ず確認して納得した上で利用されることをおすすめします。

INVOYカード払いがおすすめな理由

INVOYは、請求書の発行や受け取り、支払いなど、日々の事務・経理業務がスムーズに行えるクラウド請求書プラットフォームです。

受け取った請求書はその場でデータ化し、カード決済が可能です。INVOYカード払いなら、支払い期日の迫った請求書をその場でカード決済し、支払いを最大60日間後ろ倒しできるため資金繰りにも便利です。

INVOYカード払いの利用は財務審査はありません。手数料は3%と手頃で、登録は無料です。

▼お問い合わせはこちら

まとめ

クレジットカードは、手元に現金がなくても加盟店でのお買いものができる利便性の高さが魅力です。しかし、クレジットカードは現金化ができない等の理由で、直接的に振込のために利用することはできません。キャッシング枠の利用や送金サービスの活用で、クレジットカードを使用した振込ができる可能性はあるため、注意点を確認して必要に応じて検討してみてはいかがでしょうか。

この記事の投稿者:

hasegawa

関連記事